CSR情報

株式会社住理工ファインエラストマーのCSR情報

株式会社住理工ファインエラストマーは地域社会からのより厚い信頼の獲得、ステークホルダーの満足度拡充を目的とし、CSR活動に取り組んでおります。

基本理念と行動憲章

  1. 社会的に有用な製品・サービスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して開発、提供し、顧客の満足と信頼を獲得する。またその事業活動を通じて社会に貢献する。(会社基本理念)
  2. 公正、透明、自由な競争並びに適正な取引を行う。法令、ルールを遵守し、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。(コンプライアンス)
  3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示する。(ステークホルダーとの対話、情報開示)
  4. 従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現する。(人間尊重)
  5. 環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動する。(環境)
  6. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。(社会貢献)
  7. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決する。(反社会的勢力への対応)
  8. 国際的な事業活動においては、国際ルールや現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献する経営を行う。(グローバルコンプライアンス リスペクト)
  9. 将来起こり得る可能性があるリスクを想定し、未然に防止若しくはリスクが発生した場合の損害を最小限に抑える。(リスクマネジメント)
  10. 経営トップは、この憲章精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底する。さらにグループ企業や取引先にもこの憲章を周知させるとともに、その実現に向けた取り組みの普及・浸透に努める。また、社内外の声を常に把握し、社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図る。(CSRはトップ主導)
  11. 本憲章に反するような事態が発生したときには、トップ自らが問題解決するにあたり、原因究明と再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、厳正な処分を行う。(責任の所在)

CSR委員会組織図と各委員会の目的

組織 目的

株式会社住理工ファインエラストマーの社会貢献活動

■住友理工あったかクラブへの参加

株式会社住理工ファインエラストマーは住友理工グループの一員として「住友理工あったかクラブ」へ参加しております。

※住友理工あったかクラブとは
株式会社住理工ファインエラストマーの従業員が、自主的に気軽に地域社会との連携性を重視したボランティア活動を行い、地域社会から評価されることの喜びと相互扶助社会への参画意識を育むための、株式会社住理工ファインエラストマーの従業員による任意のボランティア団体のことです。

株式会社住理工ファインエラストマーでの現在までの活動
・会社周辺地域の清掃活動

株式会社住理工ファインエラストマーの従業員で、事業所周辺地域の美化活動(資源回収、カーブミラー清掃)を定期的に実施しています。
(写真は2014年3月実施清掃活動の様子)

株式会社住理工ファインエラストマーでの現在までの活動
■義援金の寄付

株式会社住理工ファインエラストマーは社会と共存する企業として、国内外を問わず、災害の発生した地域に対しできることから支援してまいります。
・2011年3月に発生した東日本大震災に対し、株式会社住理工ファインエラストマーでは100万円の義援金を中央共同募金会などに寄付を行いました。
・2011年8月に発生したタイにおける洪水に対し、東海ゴム工業(現 住友理工)を通じ50万円の寄付を行いました。

■エコキャップの収集、寄付

会社で飲み終わったペットボトルのキャップを収集し、支援団体に寄付をしております。キャップ860個でポリオワクチン一人分の寄付が出来ます。現在までに約140人分のポリオワクチンを寄付しており、引き続き4人分/月程のペースで寄付を続けております。

採用情報

copyright © SumiRiko Fine Elastomer, All righits reserved.